修理業者は必要ないケースもあるのか?

京都水道修理隊

洗面所の水道水に赤い濁りが出てくるトラブル

洗面所の水道水に赤い濁りが現れるトラブルは、異常な状態であり、その原因を特定して解決することが重要です。以下は、洗面所の水道水に赤い濁りが生じる可能性のある原因と、それに対する対処法について詳しく説明します。

1. 鉄錆による赤い濁り
原因
水道管や地下水源からの鉄分が水に溶け込み、酸素との反応で酸化鉄(鉄錆)が生成され、水道水に赤い濁りが生じます。これは特に地下水源でよく見られる現象です。

対処法
・フィルターの取り付け: 赤い濁りの原因となる鉄分を除去するために、専用のフィルターシステムを取り付けることができます。これにより、鉄分が水道水に混じるのを防ぎます。
・酸素排除: 酸素と鉄が反応して鉄錆が生じるため、酸素を取り除くことが有効です。これには専用の酸素排除装置を導入するか、水道管を封鎖して酸素が侵入しないようにする方法があります。

2. 合金の腐食による濁り
原因
水道管や設備に使用されている金属合金が腐食し、その結果、水道水に赤い濁りが生じます。特に古い銅管や鉄製の配管が影響を受けやすいです。

対処法
・水道管の交換: 古い銅管や鉄製の配管が問題の原因である場合、新しい素材(例: PVC、PEX)の水道管に交換することで問題を解決できます。
・防食剤の使用: 合金の腐食を防ぐために、水道水に防食剤を添加することが考えられます。これにより、合金表面を保護し、赤い濁りを防ぐことができます。

3. マンガンによる濁り
原因
マンガンは地下水などから水道水に混入することがあり、これが酸素と反応して茶色や赤褐色の濁りを生じることがあります。

対処法
・フィルターの設置: マンガンを取り除くための専用のマンガンフィルターを水道管に設置することが有効です。
・酸素排除: マンガンの生成には酸素が必要ですので、酸素排除システムを導入することで対処できます。

4. 錆による濁り
原因
水道管や設備の金属部分が錆び、その錆が水道水に混入して濁りを引き起こします。
対処法
・水道管の点検と交換: 古くなった水道管や設備の金属部分が錆びている場合、新しい部品に交換することで問題を解決できます。
・防錆処理: 金属部分に防錆処理を施すことで、錆びを防ぎます。

5. 地域的な問題
原因
地域ごとに水質が異なることがあり、特定の地域で水道水が鉄分やマンガンなどを多く含んでいる場合、それが赤い濁りの原因となります。
対処法
水質検査: 地域の水質を定期的に検査し、問題がある場合は水処理施設に報告することで、地域全体の水質改善に寄与できます。

結論
洗面所の水道水に赤い濁りが生じる場合、その原因を特定して適切な対処を行うことが重要です。水道水の検査や、専門の配管業者や水処理の専門家に相談することで、問題を的確に解決することができます。地域の水質に関する情報を把握し、予防策を講じることも、将来的なトラブルの回避に寄与します。

修理業者は必要ないケースもあるのか?

洗面所の水道水に赤い濁りが発生した場合、修理業者が必要かどうかは具体的な原因や状況に依存します。一部のケースでは、簡単な対処法や予防策を自分で行うことができるかもしれません。以下に、修理業者が必要ないケースと、自分で対処できる可能性があるケースを示します。

1.修理業者が必要ないケース
短時間での濁りのみ
タップを開けた直後や、長期間使用していなかった場合に水が一時的に濁る場合があります。このような場合、水を流してみて短時間で濁りが取れるかどうかを確認してください。
水質検査結果が正常
地域の水質検査結果が異常なしである場合、水道水の供給源に問題がない可能性があります。水質検査結果は水道公社や自治体のウェブサイトで入手できます。
定期的なフィルター交換
赤い濁りがフィルターの劣化によるもので、フィルターが定期的に交換されていれば、新しいフィルターに交換することで問題が解決されるかもしれません。
一時的な原因がある場合
建設作業や水道管の修理が行われている場合、一時的に濁りが発生することがあります。そのような場合、濁りが解消されるまで待ってみることも選択肢です。

2.修理業者が必要なケース
持続的な濁り
水が持続的に濁っている場合、特に赤い濁りが解消されない場合は、専門の修理業者に相談することが重要です。これは水道管や配管の問題が根本的な原因である可能性があります。
水質検査結果が異常
地域の水質検査結果が異常を示している場合、水源や水処理の施設に問題がある可能性があります。修理業者に相談して、地域の水質に関する詳細な情報を得ることが重要です。
専門的な設備の損傷
洗面所の配管や設備に異常が見られ、それが赤い濁りの原因となっている場合、専門の修理業者に依頼することが必要です。

3.自己対処が必要な場合
フィルターの交換
水道水のフィルターが設置されている場合、取扱説明書に従って定期的な交換を行います。
水道水の流し直し
一時的な濁りの場合、水道水を流し直してみてください。数分間水を流すことで濁りが改善されることがあります。
水道管の点検
古い水道管や設備が原因である場合、目視で異常がないかを確認し、必要に応じて修理や交換を検討します。
水質検査の実施
自分で水質検査キットを使用して、水道水の異常を確認することができます。異常が見られる場合は、結果をもとに修理業者に相談します。

自己対処が難しい場合や問題が解決しない場合は、専門の修理業者や水道局に相談することが重要です。水道水の品質と安全性を確保するためにも、専門家の助言を仰ぐことが賢明です。


水道の修理施工